2022年06月06日

【株式会社すとろーはうす様】インターペットインタビュー企画 No.011

カテゴリー:インタビュー/対談

2011年からスタートした、ペットと一緒に楽しめるライフスタイル型のペットイベント、
インターペット。ペット事業者はもちろん、ペットオーナーやペットに対するサービスの紹介を行う、
ペット業界最大かつ異業種からも注目を集めるイベントです。

第11回目となる今回は400社を超える出展者が集まり、様々な業種のブースが並びました。
私たちのインタビューに応じてくださった企業様について紹介していきます。

■Interviews No.0011 株式会社すとろーはうす 様

株式会社すとろーはうすは、ファッションを目的としたウェアはもちろんの事、
実用性を兼ねたウェアを幅広く展開している、個人向けビジネスの会社です。

今回は事業部長の小野 敬義氏にお話しを伺いました。

株式会社すとろーはうすが扱うのは、症状やライフスタイルにあわせた医療や介護のサポートウェア、各種グッズです。
すとろーはうすでは、「人とアニマル家族の素敵な暮らしを」というコンセプトのもと、
みなさまに必要とされるアイテムはなにかを日々考え、研究を重ねているそうです。

ファッションとしてもちろん、傷口のプロテクトを目的とした術後服、
肌トラブルのケアをお手伝いする皮膚保護服、おむつカバーとしても使用できる
介護服マナーガードなど、実用性を兼ねた製品も多くご用意しておられます。

今回の出展で特に力を入れておられた商品は、術後服エリザベスウエアです。

ブースに並べられた術後服エリザベスウエアをはじめとする、
皮膚保護服スキンウエア・介護服マナーガードは、カラフルで
伸縮性も良く着心地がよさそうなで機能的な商品でした。

プロのデザイナーと獣医師がタッグを組むことで、
ウェアのノウハウと医療の専門知識による安心快適のアイテムを展開しています。

犬・猫の動きや体型を熟知したうえで、ウェアの着用と修正のテストを繰り返し、
ベストなスタイルを追求することで、着せやすいのに脱げにくく、
着用したままの排泄もできるなど、安心・快適・自由に動けるストレスフリーな
設計を可能にしています。

今後は、「特殊な体型をした犬や猫、ウェアを使用できない症例などがまだまだございます。
少しでもその声に応える事ができるよう常に新しいモノを展開していきます。」とお話いただきました。

※画像は会社HPより引用

■QAL startups Point

「人とアニマル家族の素敵な暮らしを」のコンセプトのもと、日々研究を重ねられているすとろーはうす様。
術後などの大きなストレスがかかる時期だからこそ、寄り添ってあげたい。
そんな優しい気持ちがたくさん詰まった商品でした。
飼い主様と愛犬・愛猫が暮らしていくうえでのお困りごとを解決する、
という観点はすべての製品開発に通ずるものだと思います。
今後もこのような観点で開発される商品が増えていくことで、
よりQALの向上が叶えられることでしょう。

■商品orサービスに関するお問い合わせ先はこちら

【顧客問い合わせ連絡先】
https://www.strawhouse.co.jp/
info@full-of-vigor.jp