2022年06月21日

【株式会社 anifull 様】インターペットインタビュー企画 No.013

カテゴリー:インタビュー/対談

2011年からスタートした、ペットと一緒に楽しめるライフスタイル型のペットイベント、
インターペット。ペット事業者はもちろん、ペットオーナーやペットに対するサービスの紹介を行う、
ペット業界最大かつ異業種からも注目を集めるイベントです。

■Interviews No.013 株式会社 anifull 様

株式会社anifullは人間のサポーターメーカーとして30年以上の実績を持つダイヤ工業の
アニマルケアブランドで、動物用サポーター・コルセット製造販売を行う個人向けの用品に特化した会社です。

今回は、代表取締役社長 川田 修司氏にお話を伺いました。

株式会社anifullが扱うのは、動物用サポーター・コルセット・ハーネス・ドッグブーツ・ペットシーツです。
これらは、すべての動物が、健康で活力に満ちた生活を過ごせるように、という想いから生まれた商品たちです。

今回の出展で特に力を入れておられた商品は、気管に優しいハーネス、アニサポハーレスト。

アニサポハーレストは、「水を飲んだ時にゲホゲホとむせてしまう…」そんな愛犬の姿にお悩みの方や、
「愛犬が高齢になり、身体に優しい首輪をさがしている」という方にもおすすめです。
気管を避けた特殊形状で首への負担を軽減し、胸や脇の衝撃を逃がすクッションパッドが内蔵されていることが
特徴です。
通気性がありムレにくく、クッション性のある優しい素材でわんちゃんも快適に過ごすことができます。
また、ハーネスの着脱は薄型のワンタッチバックルで音に敏感なワンちゃんにも優しい静音で、
長さ調節も簡単でストレスフリー設計となっているそうです。

ブースには、全ての動物が健康で活力に満ちた生活を過ごして欲しいという想い、”動物想い品質”の商品やサービスを
お届けするためにこだわり続けていることが伝わってくるような商品が展示されていました。

犬用の製品ではありませんが、先日、大牟田市動物園のキリン専用に、オーダーメイドの保温サポーターを開発した
そうです。
今後は、オーダーメイドのサポーター開発の強化をし、犬猫に限らず運動器で困っている動物のサポートを行い、
関わる人全てを笑顔にしたい、とお話いただきました。

※画像は一部HPより引用

■QAL startups Point

すべて人間用サポーターと同じ素材を使用し、臨床獣医師のアドバイスを基に製造されている製品だからこそ、
飼い主様も安心して愛犬のために選択することができるのかもしれません。人間医療の現場での実績のある企業様が、
このような形で動物医療業界に参入することで、よりペットたちの生活の質の向上に繋がる製品やサービスが
生まれていくことでしょう。
これまでのご実績をもとに、今後どのような製品が開発されていくのか楽しみですね。

■商品関するお問い合わせ先はこちら

【顧客問い合わせ連絡先】
https://anifull.jp/